<別冊> billmon とは誰か?

私のHN、、、HMじゃないよ。
ハンドルネームなのですが、billmon(ビルモン)です。

何だかゲームにでも出て来そうな名前ですが、
実在する人物から(勝手に)頂いた名前です。

Bill Monroe(ビル・モンロー)の省略版です。
私の大好きなBluegrassという音楽を生み出した人。

ステージ中央のオジサンがそうです。

bill2019.jpg
アメリカ・インディアナ州(撮影:billmon)




左がbillmon、右が本物Bill Monroe

Bill Monroe と 84


Bluegrass という音楽は、全て生楽器(キホン)で演奏される音楽です。

彼のバンドの名前から、その音楽のジャンル名が付きました。
Bill Monroe and His Bluegrass Boys

長い名前。。。
映画「レインマン」でダスティン・ホフマンが
この名前を強調する場面があったりします。笑

エルビス・プレスリーは、デビューのシングル盤のB面に
ビル・モンローの名作Blue Moon of Kentuckyを録音しています。


そのBluegrass Boysに在籍していた事のある
革新的バンジョー弾きが Earl Scruggs(アール・スクラッグス)。

その名前をこれまた(勝手に)頂いたのがウチのアールです。
そのアールの演奏がこれです。
1950年代、後半頃?のTVです。

大昔「じゃじゃ馬 億万長者」というテレビドラマがありましたが
それにも出演していました。




ま、私達の名前は、どちらも Bluegrass音楽から・・・という事です。

 
晩年のビル・モンロー(右)とアール・スクラッグス。

1994BillEarl.jpg





_DSC8177_2.jpg




ビル・モンローと愛犬ストーミー。
LPジャケットになっています。

Bluegrass 87 Front


以上、別冊「週刊アールneo3」でした〜〜〜!




んじゃ!



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

No title

billmonさん

凄い!!!このツーショット!!
そしてイケメンですねbillmonさん!

2016/11/15 (Tue) 09:49 | ダッフィー #- | URL | 編集
No title

えー\(°ω° )/
ご本人に会われたことあるんですか!
すみません、なんだかもっと昔の方なのかと思っていました。

合成じゃないですよね?(笑)
スゴイ! 素晴らしい記念写真ですね!!
お若いbillmonさん、カッコイイです~♪(^^♪

「ストーミーちゃん」にはならなかったんですね。
「アールちゃん」が、とってもしっくりきて似合っています。
お二人とも、とても良いお名前ですね(*´∀`*)

2016/11/15 (Tue) 16:33 | みやメロン #yY6XORug | URL | 編集
No title

わぁ~!

大事な写真ですね!

凄い~凄いなぁ!

カッコイイですよ^^ 今もお若いですしね。

うふふ・・・ギタリストのアールちゃん可愛い 今にも弾きながら歌いそう♪

2016/11/15 (Tue) 19:47 | yukiko #J.dtgWaM | URL | 編集
No title

自分の大好きな音楽を生み出した尊敬すべき人物を実際に会え、一緒に写真を撮れるなんて最高ですね!
口髭がさまになってますよ。

billmonさん&アールちゃんのLPジャケット 是非実現させてください。
即 買います。

2016/11/15 (Tue) 21:42 | もに香 #GsLXCxuQ | URL | 編集
ダッフィーさん!

目の前を歩くビルモンローには感動しました。
あ!動いてるって。笑

最近お知り合いになった方が billmonって??
と仰っていたので,再度,記事に致しました。

2016/11/16 (Wed) 07:56 | billmon #- | URL | 編集
みやメロンさん!

はい! アメリカに会いに行きました。
すでに御高齢(73才)だったので、早く会わないと、、、と思って。笑

写真は、すべてホンモノです。
両人ともすでに亡くなられましたが、ともに80代までご存命でした。
アメリカに会いに行った後、同じ年に来日されました。。。
少しカクッと来ましたが、この音楽の故郷で聞けた事はとても良かったです。

彼は、馬も飼っていたり、犬も飼っていました。
ケンタッキーの田舎のおじさんです。

2016/11/16 (Wed) 08:05 | billmon #- | URL | 編集
yukikoさん!

この時は、「行かなくっちゃ!」という気持ちでした。

所謂、ブルーグラス音楽の第一世代(草創期)の人達が

今、どんどん亡くなっています。この時期にビルモンローや他の人達にも会えて良かったです。

もう1人、ビル・クリフトンという人にも会いに行きたいのですが

もう、ちょっと無理な感じです。

2016/11/16 (Wed) 08:13 | billmon #- | URL | 編集
もに香さん!

この時、「よっしゃ! 肩をくんで撮ってもらおう!」と。
彼の背中に手を回したら、彼も肩に手をかけてくれました。

フェスティバル会場内を歩いているビルモンローに
声をかける来場者達。
(これは、彼が主催する5日間に渡るフェスです)
それに応える『イエッサー!』の声が気持ち良く響いていました。

LPジャケット、構想中でっす!

2016/11/16 (Wed) 08:22 | billmon #- | URL | 編集
No title

ほんま、貴重な写真ですね!
一生の思い出、お宝ですやん。

久々にmixi見てみました。
『演奏できないブルーグラスファン』モーリーさんが管理人になり続いてますね。
しかし時代はFacebookになったせいか、書き込みは少なしです。

古い書き込み見てたらアールちゃんの写真もありましたよ!

2016/11/17 (Thu) 09:56 | 蛮習人 #GdbHKEoY | URL | 編集
蛮習人さん!

あれから、、、、30年も経ってしまいました。はや!
生きた第一世代を見られたのは貴重な体験だったと思います。

ほうほう! そうですか。
再加入を試みましたが携帯電話を持っていなくて出来ませんでした。
あの時、ワイワイやっていましたね。

でも、日本ブルーグラスにおいては、あんな感じのコミュニティはささやかながらも存在価値があったのでは、と思っています。
もう、ここまで来たらブルーグラス・オタクの名を背負って棺桶に入るのを待つだけの世代になりつつありますね。

モーリーさん、頑張っているんですね。
なんや、懐かしい思いに浸ってしまいますがな!

2016/11/17 (Thu) 20:12 | billmonn #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する