(別冊)誰か白鵬を止めてくれ〜〜!

(アール以外のカテゴリー「大相撲」です)


横綱白鵬が勝利街道と(我が道)街道をまっしぐらです。

数日前の栃煌山との取り組みで、やってくれました「ねこだまし」。
それも2回も、、、。
過去の対戦は自らが圧倒的有利(28勝2敗くらいのはず)な対戦相手。

「ねこだまし」とは
  立合いと同時に相手力士の目の前に両手を突き出して掌を合わせて叩くもので、
  相手の目をつぶらせることを目的とする奇襲戦法の一つ。
  相手に隙を作り、有利な体勢を作るために使われる。
  普通の立合いではかなわないような、
  はるかに強い相手に対する一発勝負に使われるが、
  失敗すると一気に持って行かれてしまう可能性がある。


本来、横綱には心技体の充実が求められる。
だからこそ、一般的にも比喩として使われる言葉に「横綱相撲」という言葉がある。

「横綱相撲」とは
  正面から相手を受け止めて圧倒的な力の差を見せつけて勝つこと。


加えて、取り組み後の白鵬へのインタビューにも悪びれた様子は無い。

客席から批判的な声が上がった事に関しても、
コレ(ねこだまし)を知らないんじゃないの?というナメた返答。
おおよその日本人の相撲ファンなら、そんな事は知っている。
無知なのは白鵬本人ではないのか。
 
 (私は、彼が流行らせた「張り差し」という小技も好きじゃない。
  立ち会いと同時に相手の横つらを手のひらで叩くこと)



見事に?決まった「ねこだまし」を反芻して悦に入る白鵬。アホか!

猫騙回想


他にも言いたい事は色々あるけど。笑


超問題児横綱、朝青龍も酷かったけど、
白鵬は、また違った意味合いで酷い。

対抗すべき日本人力士の不甲斐なさも淋しい限り。
今場所でもうまくやれば負かす事の出来た取り組みもいくつかあったと思う。
本場所で下手に勝ってしまうと、稽古での「かわいがり(別名しごき)」が恐いのか。

今場所、日本人力士が優勝出来なかったら、多分出来ないが。
今場所で丁度10年間、日本人力士の優勝がないらしい。淋

誰か白鵬を止めてくれ!
そして、誰か(相撲協会だろ)彼の品性を叩き直してくれ!



私がここで度々、相撲の事を取り上げるので、
ある方が色んな物を買って送って来てくれた。感謝!(紙片は、レシートです。笑)

IMGP3503.jpg


そう言えば、白鵬は、大横綱故大鵬に心酔していると聞いた。
この本の表紙が大鵬。
今回の「ねこだまし」、あの世の大鵬はどう見ているだろうか。




どすこい!



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

<号外>大相撲金沢場所(巡業)


あ〜〜〜知らなんだ!
金沢に大相撲の地方巡業が来ていたなんて!

お昼のニュースで情報キャッチ。
ウチからすぐ近くのなので、
アールを連れて行ってみた。
(アールは、終始車の中でしたが・笑)

会場でガードマンのおじさんに聞いてみたら、
もう終わった、、、との事。

でも、誰か関取に会えるかも・・・と、
入り口付近をウロウロしてみる事に。

DSCF8266.jpg






若い力士は近くのコンビニへ使い走りでしょうか。

DSCF8267.jpg


DSCF8269.jpg






その大きさで、すぐ分かった「スイーツ親方 芝田山親方」。
元横綱、大乃国。
スイーツの本を書いたりしている、スイーツ通。
NHK朝ドラ「まれ」にもチョロっと出ていました。

後のフェンスを跨ごうとしていましたが
周囲に制止されていました。笑

昔、北海道で知り合ったアイヌのおじーさん(酋長)が
大乃国の大ファンでした。
出身地が近くだったらしい。
ラジオを聞いていて大乃国が負けると、
「バカタレが〜!」って言ってました。笑

DSCF8271.jpg





関取が出て来た。
左「豊ノ島関」と右「豊響関」のようです。

DSCF8273.jpg




豊ノ島関は、身長170cm 体重150kg
腹回りがすごいです。丸い体型。
先場所も頑張っていましたね。

DSCF8275.jpg





関取りが乗り込むたびにタクシーが沈んでいきました。
3人が限界のようです。

DSCF8277.jpg



もっと居たかったのですが、
そんな訳にも行かず帰りました。

生で見るとミョーな感動がありますね。
今度は、取り組みが見たいものです。

大相撲は、子供の頃、
九州場所に連れて行ってもらった記憶がありますが、
弁当を食べた事だけしっかり覚えています。

明日は、京都巡業。
前日は、長野だったらしいです。
忙しそうですね。


PS:力士とすれ違うと鬢付(びんつ)け油の甘い香りがプ〜ンと漂ってきました。



どすこい!


(別冊)今の大相撲は本当に面白いか?


一時期の八百長事件の一件も過去の物となったようで、
大相撲は、このところ連日満員御礼だそうです。

でも、な〜んか取り組みが面白くないんですよね。

考えてみると、土俵際の粘り腰や、投げの打ち合い等が少ない。
決まり手も押し出し・・・
押して駄目なら引いてみな?とばかりに安易な引きも目立つ・・・

ちょっと前の寺尾や若乃花(三代目)、舞の海、、、の相撲は面白かった。

ま〜、大相撲も「国際化」が進んで巨漢力士がぞろぞろ。
現在、10だったか11カ国の外人力士がいるらしい。
これ等の力士に負けないように?日本人力士も身体を巨大化させているのだろうか?

    2015.7 現在
    26人のモンゴル人を筆頭に、11か国から39人。
    日本人力士の優勝は、2006年以来現在迄一度もない。


巨漢力士同士の対戦では豪快さはあっても
技を期待するには、少し無理があるかもね。

そして、当然と言うか、ケガが増えていますよね。
サポーターをしてない力士の方が少ないくらい。
見ていても、痛々しいワ。



そんな事を思っていたら、
ある方がこんな映像がある事を教えてくれた。

いや〜! オモシロイわ!
これが相撲なのかもね。






こんなのも。





もっと見たいという方は!

昔の映像も面白いよ!
   (大昔、土俵の広さは今より狭かった。
    昔、直径13尺。 昭和になって15尺になったそうです)






相撲と言えば、、、我らが石川県の遠藤関。
う〜む、なかなか「もう一皮が剥けない」ようですね。
立ち会いのパワーを増強しないと、
上位陣には歯が立ちません。

同部屋に自分より上位の稽古相手が1人もいない。
これも、遠藤の辛いところですね。
出稽古しかありません。
追手風部屋


(昭和の頃には平均30くらいだった部屋数が
現在、40数部屋あるそうです。
従って、こじんまりして、力士の少ない部屋が多い。)

しかし、人気は抜群!
懸賞金の本数もすごい。
平均しても20本くらいは付いている感じです。

懸賞金は、1本62,000円。(本人がもらえるのは、30,000円)
20本付けば・・・60万円!!!

でもね、この懸賞金。
対戦相手が遠藤戦で「燃える!」切っ掛けにもなっているそうです。
遠藤に勝てば!✌️ですね。

ある意味、遠藤関は「対戦相手」&「懸賞金」と戦う格好になっている。
タイヘンだ。笑

因に、過去の懸賞金の最多記録は、
白鵬翔vs鶴竜の61本だそうです。
30,000円×61=183万円 !!! およよ




さ〜て、今日の相撲はどうなるかな。
照ノ富士、足のケガをおして出場するようです。


ま、今場所は、マナー知らずの白鵬が休場しているので、
少し気分良く大相撲観戦が出来ています!笑






『どすこ〜い!』

sumu_2.jpg




んじゃ!


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


(別冊)調子に乗るな、白鵬!


日本人力士の不甲斐なさ?で終わった名古屋場所。
またもや白鵬の優勝でした。


以前より感じていたのですが、白鵬の態度は良くありませんね。

今場所初め解説者の舞の海氏が「白鵬は力が落ちていますね」
と言った発言(解説)を根に持っていたようで、
優勝インタビューで、この舞の海氏の発言を取り上げて批判したらしいです。

勿論、白鵬とて人間なので感情的になる事もあるでしょうが、
大相撲で心技体の頂点に立つ横綱としては首を傾げたくなります。

(舞の海氏は、早くから白鵬の力を認めて将来は横綱になる
力士であると認めて解説でもそう述べていました)

そんな発言があったからこそ今場所奮起出来た側面もある訳で
感謝しても良いくらいなのかも知れません。

ましてや舞の海氏は、大相撲界の先輩です。

以前、審判部への皮肉を込めた批判も話題になりましたね。




今場所の逸ノ城戦での「だめ押し」も非常に醜い。
取り組みを見ていた私は思わず「え〜!」と声を出してしもた。

審判部長の藤島(元武双山)は「見る人によっては・・・」と
言ってましたが、あれは、誰がどう見ても「だめ押し」。
それも、相手のアゴに一発見舞うという醜いもの。

何で、周囲はもっと厳しく言えないんだろうか。
協会は、親方へは注意しているらしいが
本人を呼び出しての注意はまだらしい、、、何たる、、、。

20.jpg




高砂親方(元朝潮)の監督不行き届きで出来上がった暴君:朝青龍の二の舞か。


この白鵬の親方は?と調べてみたら、、、宮城野親方。
そして、何と私の卒業中学校の同窓生である事が判明!
ならば「オイこら!宮城野! しっかり監督せんかい! バーロー!!」
と言わせてもらう。

宮城野は、現役時代は、平幕力士。相手は横綱なので何も言えないのかな。
上下関係の厳しい相撲界、そんな面が影響してるのか。
朝青龍の時も然り(朝潮は大関、朝青龍は横綱)?

あるいは、単に、親方が舐められているのか。



今日、優勝を決めた取り組みの後、
控え室へ帰る途中の白鵬、
ペットボトルの水を何度も口に含み通路の床に吐き出していた。
控え室で他の力士のもいる所でも、、、、。

日本人力士は、多分こんなマネは出来ないでしょうね。

今場所、照ノ富士戦の熱戦の後、「力水」を自分の顔にかけていましたね。
あれも神聖な物です。
マラソンランナーじゃないんだから、あの使い方は不味いと思います。


しっかり、シツケしろよな!!!
これじゃ、犬と一緒じゃないか。

シツケの出来ていない「大型犬」は、危ないんでしょ?




んじゃ!


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村